ステロイドを使わずに1年でアトピーが完治した備忘録

アトピー完治に医者いらず

未分類

老廃物を出して健康なからだに

投稿日:

皮膚に関するトラブルで目立っているものの1つに、アトピー性の皮膚炎があります。

アトピー性皮膚炎になってしまう原因には、非常に多くのものがあり、原因を特定するのは難しいものです。複数の原因が重なり合うことで、アトピー性皮膚炎が発生すると考えられています

ダニやホコリ、アレルギーの原因となる食べ物が体内に入り込むことが、原因の1つとして挙げられます。これらの物質はアレルゲンと呼ばれています。
皮膚が健康な状態になっていれば、このようなアレルゲンの侵入を防ぐことができるのですが、皮膚の状態が悪くなっていると、バリアー機能が損なわれ、アレルゲンが体内に侵入してしまいます。

アトピーを防ぐためには、皮膚のバリアー機能を高めることが大切になるのですが、体内にある老廃物を出していくことも必要です。老廃物は、添加物や排気ガスなどが体内に入った時に、蓄積されてしまうものです。この老廃物を排出しにくい体質の人は、アトピー性皮膚炎になりやすくなってしまいます。したがって、添加物などを体内に入れないようにすることが重要です。食事には細心の注意を払って、添加物が使用されている食品を避けます。野菜なども、無農薬のものを探す必要があります。

アトピー性皮膚炎は、皮膚の弱さが原因になることがあるので、皮膚を強くするための工夫が欠かせません。しっかりとしたスキンケアを行って、皮膚のバリアー機能を維持するように努めるのです。また、老廃物を体外に排出するためには、体の代謝機能を高めることが必要になります。食生活や基本的な生活スタイルを見直すところから始めなければなりません。

体を冷やしてしまうと、代謝機能が低下してしまいます。特に、内臓を冷やさないということを意識していく必要があります。血行を良くしていくと、内臓を冷やさないようにすることができます。できるだけ冷たい食べ物を避けるようにして、体を温めていくことが大切です。

アトピー性皮膚炎は、アレルギー反応を示しやすい体質の人に起こる皮膚の炎症でもあります。年齢や環境の変化で自然に治ることもありますが、多くの場合は完治しづらく、慢性的に続くものです。

一般的に、皮膚科にかかると抗ヒスタミン剤やステロイド剤が処方されます。
しかしこれらはあくまでも症状を緩和するだけのものが多く、アトピーの根本的解決には至りにくいのです。
特に副作用が起こりやすいステロイド剤を使用したくない場合は、代わりに漢方薬を使うことができます。
漢方薬を処方する時は、患部の状態や患者の年齢、体質などをしっかりと問診します。
それぞれの症状によって使用する漢方薬が変わるため、医師に患部をよく見せ、自覚症状を伝えておきましょう。
皮膚が乾燥している場合は患部を潤す薬、ただれている場合は炎症を抑える薬、痒みや痛みを鎮める薬などが処方されます。

アトピーは薬だけに頼るだけではなかなか完治しづらいので、自分の免疫力を上げる生活を心がけましょう。

リバランス(ブランド訴求)

-未分類

Copyright© アトピー完治に医者いらず , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.