ステロイドを使わずに1年でアトピーが完治した備忘録

アトピー完治に医者いらず

未分類

アトピーの睡眠は質を重視しよう

投稿日:

睡眠不足や睡眠過多、それとアトピー性皮膚炎は関係があるのはご存じですか?

アトピー性皮膚炎は、幼児や子供に多い病気と言われています。
実際に20歳以下の10人に一人はアトピーもちだと言われています。大人になったら完治するとも言われますが、再発する人もおられるので注意は必要になってきます。
アトピー性皮膚炎の原因はいまだにはっきりは分かっていませんが、遺伝要因の他に、環境要因である「ストレス」が手を上げることが多いです。

子供でも大人でも、ストレスかかかった生活をしているとどうしても、どこか体に不具合を患ってしまいます。
例えばそれが睡眠障害だとすれば、眠れないストレスを体が発散するために、でた症状、その一つとして皮膚に出る「アトピー性皮膚炎」があるのです。

ストレスが掛かってアトピーが出るということであれば、遺伝的にあまり強い部位ではなかったということが考えられます。

また、逆に睡眠過多であったら、ダニやホコリ等の外的要因も重なってアトピーが発症したと考えられます。
お子さんで合ったら、ぬいぐるみと一緒にいたりするなどして皮膚に負担をかけているかもしれません。

ふとんやお子さんのぬいぐるみにいるダニやホコリを完全除去するのは難しいので、毎日の洗濯や掃除が鍵になっていきます。

また、すこやかな睡眠を促すためには「自律神経」を整えることが必要になっていきます。
自律神経を整えるためには「オールインワンの乳酸菌サプリ【アレルナイトプラス】」などの睡眠の質を上げるサプリメントの導入もおすすめです。

アトピー性皮膚炎はきちんとしたターンオーバーを促すために、汗をかいたらまめにシャワーをあびて、清潔を保つことも大切です。

毎日着る洋服も素材によっては、アトピーを悪化させてしまったりするので、医師に相談するなどの必要もあります。そして、爪を短く切ることが最も大切です。

ついつい痒くてですとかいてしまうと、爪の中にあったごみやばい菌がたくさん爪の間に入ってきます。そんな爪で皮膚をかいてしまうと、ますますアトピーが悪化してしまう場合もあるので気を付けなければいけません。また、アトピーはすぐに治る病気ではないので、自分で症状をコントロールしながら長期的に付き合っていかなければならない場合があります。

何でも相談できる医師を探して、ストレスを溜めない生活を心がけることが必要です。

-未分類

Copyright© アトピー完治に医者いらず , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.